コーヒー豆の選び方!失敗しないコツは産地や銘柄より豆の色で選ぶこと!焙煎度合いが豆の色そして酸味と苦味のバランス・味わいを決める!

更新日:

はてなさん
コーヒー豆ってめちゃくちゃ種類があるから、よくわからなくて・・・(。>д<。)

どうやって選べばいいのかなぁ? やっぱり「産地」とか?

バリスタ君
たしかに、どれが美味しいかなんてわかんないよね。

そんな時は『豆の色』で選ぶと失敗しないよ。

今日のポイント(結論)

失敗しない「コーヒー豆選び」のコツは、

スバリ!

  • 産地や銘柄より『豆の色』で選ぶこと!
  • 「薄い色」の豆は、「酸味」が強い!
  • 「濃い色」の豆は、「苦味」が強い!

 

「コーヒー豆」ってどうやって選べばいいのか?悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

「銘柄で選べばいいのかなぁ?」
「それとも、産地で選んだ方がいいのかなぁ?」
「そもそも、何を基準に選べばいいの?」
などなど。

そこで今日は、「マツコの知らない世界」で紹介された「焙煎士の世界チャンピオン」後藤直紀さんの失敗しないコーヒー豆選びのコツについてお話したいと思います。

この記事を読めば、実際に豆を買って飲んでみた後で「全然美味しくない!失敗した!」と思うことはなくなると思いので、ぜひ最後まで読んでください。

【選び方のコツ①】コーヒー豆は銘柄ではなく「豆の色」で選べ!

コーヒー豆の選び方 銘柄ではなく色で選べ

はてなさん
コーヒー豆って「色」で選べばいいの?
バリスタ君
そうだよ~。産地や銘柄で選んでもよくわからないでしょ!

だから、「色」で選べば一番失敗しないんだよ。

 

どうやって豆を選んだらいいのかわからない!」という人におすすめの選び方は、

スバリ!
コーヒー豆を『』で選ぶ方法です!

「産地」や「銘柄」で選ぶと失敗するかもしれませんが、
コーヒー豆を『色』で選べば、一番失敗がないのでおすすめです。

はてなさん
でも、何で「色」で選ぶと失敗しないの?

コーヒーの味わいは、『焙煎』度合いで決まる!

まず、人のコーヒーの好みは、
「酸味」と「苦味」のバランスで決まります。

(※香りよりも優先して。)

「酸味」と「苦味」が何で決まるかと言うと『焙煎度合い』で決まります。

つまり、
『焙煎度合い』によって、「酸味」と「苦味」のバランスが変わり「コーヒーの味わい」が決まるのです。

そして、
『焙煎度合い』は、豆の色』に表れます。

つまり、
『豆の色』を見れば「味わい」の違いがわかる!ということです。

「焙煎度合い」は、音楽でいう「ジャンル」と同じ!

また、
「焙煎度合い」は、音楽でいうところの「ジャンル」です。

音楽にも人それぞれ自分の好きな「ジャンル」ってありますよね。

例えば、「クラッシク」が好きとか「ジャズ」が好きとか。

その好きなジャンルの中から「曲」を選べば、大きな失敗はしないと思います。

それと同じで、「豆選び」もジャンルで選べば失敗しにくくなるわけです。

豆を『色』で選べば、自分の好きな味のジャンルなので失敗しない!

つまり、
『焙煎度合い』=味の「ジャンル」

『焙煎度合い』は、『色』に表れるので、
豆を『色』で選べば、自分の好きな味の「ジャンル」から選ぶことができるわけです。

自分の好きな「ジャンル」から選べば、
「産地」や「銘柄」が違っても失敗する可能性がかなり低くなりますよね。

つまり、
『豆の色』で選べば「自分好みの味」の中で選べるので、失敗しない!ということです。

【焙煎度合い】『豆の色』による味の「特徴」と「見分け方」!

はてなさん
「色」で選べばいいのかわかったけど、どんな色がいいのかなぁ?

「焙煎時間」によって「酸味」と「苦味」のバランスが変わる!

まず、
上記でもお話しました【焙煎度合い】についてですが、

【焙煎度合い】とは、

「焙煎時間」のことで、ローストが浅いか深いか。
または、「浅煎り」から「深煎り」のことです。

そして、この「焙煎時間」によって
「酸味」と「苦味」のバランスが変わってきます。

簡単に言うと、
豆の炒めぐわいで味が変わる!とうことですね。

『焙煎時間』『豆の色』『味わい』の関係

『焙煎時間』と『豆の色』『味わい』の関係はこんな感じ。

焙煎度合い 豆の色 味わい
浅煎り』(焙煎時間:短い) 薄い 酸味」が強く「苦味」が弱い
深煎り』(焙煎時間:長い) 濃い 苦味」が強く「酸味」が弱い

コーヒー豆の色 焙煎度合い 酸味と苦味のバランス.

簡単に言うと、

  • 「薄い色」の豆は、酸味」が強い!
  • 「濃い色」の豆は、苦味」が強い!

ということです。

人間の好みは「酸味」と「苦味」のバランスで決まるので、どの「色合いの豆」を選ぶかで「味」の方向性が決まってくるのです。

「焙煎度合い」=「豆の色」=『味わい』になるわけです!

具体的な『豆の色』と味わい!

最終的には、実際に飲んでみないと「自分の好きな味かどうか」わからないので、

自分の好みの範囲内でいろいろと飲み比べてみてください。

【選び方のコツ②】「産地」や「銘柄」の選ぶ際も『豆の色』から!

コーヒー豆の「産地」や「銘柄」を選ぶ際は、

「自分の好きな味の豆」と同じ色の範囲内で、「産地」や「銘柄」を選ぶのがコツです。

ですので、まず選ぶべきは『豆の色』

「産地」や「銘柄」は、『豆の色』を決めてから選ぶと失敗しないのでおすすめです。

一番簡単で失敗しない具体的な「選び方」

具体的には、お店に行く時に、

「自分が好きなコーヒー豆」を一粒持って行って、

定員さんに「同じ色」の豆で探してもらうと、好みの範囲内で選んでもらえるのでおすすめです。

一番簡単で失敗しない「選び方」ですよね(*^_^*)

【動画】「焙煎士の世界チャンピオン」後藤直紀さんが紹介している『選び方』がこちら!

ドルチェグストがテレビ『マツコの知らない世界』で紹介された動画!ネスレのコーヒーメーカー『ネスカフェ・ドルチェグスト』の世界とは?

-コーヒー豆ついて
-

Copyright© Coffee Marche バリスタi「アイ」の真実!実際どうなの?評判・口コミ・疑問をレビュー! , 2018 All Rights Reserved.